ツバメ

ツバメ科

House Swallow

Hirundo rustica

17cm

ツバメは夏鳥として毎年、3月頃に日本にやってきて繁殖し9月頃南の国に帰っていきます。

鳴き声は「土喰って虫喰って渋〜い!」と聞きなします。

江井ケ島でも、各家庭の軒先に巣を作るので、おなじみの鳥ですね。

これは、僕の主治医の巣で孵った雛達です。

巣立ったばかりの若鳥は、尻尾が「燕尾服」になっていないのですぐわかります。


(左:若鳥)、(右:親鳥)

江井ヶ島では、3月下旬〜4月上旬に飛来して10月くらいに南の国へ帰って行きます。

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        

【江井ヶ島での初認日】

1999/03/28:長谷池

2000/03/21:下ケ沢池

2001/03/26:皿池(西島)

2002/03/22:西島の住宅地

2003/04/03:皿池(西島)

2004/03/26:金ケ崎の農地

2005/03/24:大池

2006/03/28:金ケ崎の農地

2007/03/18:江井ヶ島の住宅地

2008/03/20:皿池(西島)

2009/03/09:金ケ崎の農地

2010/03/22:金ケ崎公園

2011/03/18:谷池

2012/03/30:瀬戸川河口

2013/02/25:皿池(江井ヶ島)

2014/03/24:皿池(西島)



「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る