トビ

ワシタカ科

Black-eared Kite

Milvus migrans

雄58.5cm 雌68.5cm

トビは通称、「とんび」と言われているお馴染みの鳥です。

他のワシタカとの違いは尾が三味線のバチのようにV字形に切れ込んでいることです。

普通、市街地の上空を旋回しているワシタカの仲間は、まずトビと考えて良いでしょう。

江井ケ島でもトビは1年中、普通に見られます。

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る