タイワンウチワヤンマ

サナエトンボ科

Ictinogomphus pertinax

体長68mm、後翅長45〜49mm、腹長48〜52mm

ウチワヤンマの「ウチワ」は、第8節に中に団扇のような突起があることからきています。

そのため、トンボの仲間ではもっとも同定しやすいと思います。

ただ、このタイワンウチワヤンマとの区別だけは注意が必要です。

識別方法も「ウチワ」です。


(「ウチワ」が小さくて真っ黒)

タイワンウチワヤンマの「ウチワ」は小さくて、ウチワは真っ黒なのに対して

ウチワヤンマの「ウチワ」は大きくて、「ウチワ」の中に黄色い部分があります。

江井ケ島では、西島の皿池や江井ヶ島の皿池など

多くは、ため池で6月〜8月頃に見られます。

日本では、九州など南方で多く見られていましたが、最近は生息域を北上させつつあります。

これも地球温暖化の影響でしょうか。


(タイワウチワヤンマ)


(ウチワヤンマ)


「江井ケ島の昆虫」へ戻る

トップページへ戻る