セイタカシギ

セイタカシギ科

Black-winged Stilt

Himantopus himantopus

32cm


2017/04/08:江井ヶ島の皿池

このセイタカシギは名前のとおり、とても背の高いシギです。

もっとも、「背が高い」というより「足が長い」という方がぴったりかもしれません。

シルエットが他の鳥とまるで違うので間違えることはありません。

江井ケ島では、

1999年6月4日に金ケ崎の農地に1羽

2000年4月28日に江井ケ島の皿池に1羽

2010年10月26日に西島の大池に1羽

2013年4月14日に西島の皿池に1羽

2017年4月8日に江井ケ島の皿池に1羽

現れています。

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        

おとなりの神戸市西区や稲美町では、ため池などに稀に現れます。


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る