セグロセキレイ

セキレイ科

Japanese Wagtail

Motacilla grandis

21cm

セキレイの仲間で日本で普通に見られるのは、このセグロセキレイと

ハクセキレイ、そしてキセキレイの3種類です。

セグロセキレイは、その名のとおり背中が黒いのが特徴です。

そして腹と前頭部、眉斑と喉が白のモノトーンの地味な色彩ですが、

実は、この鳥、日本ではありふれた鳥なんですが世界中で見られるのは

日本だけという、外国のバードウォッチャー(外国では「バーダー」と呼ぶそうですが)

の憧れの鳥なんですよ。そう思って見るとなんだか、気品が漂うような気も......

江井ケ島で見られるセキレイは、主にこのセグロセキレイとハクセキレイの2種で

ため池の岸、田や畑などで、ごく普通に見ることができます。

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る