オジロトウネン

シギ科

Temminck's Stint

Caridris temminckii

14.5cm


(左端はイカルチドリ)

オジロトウネンは14.5cmと、とても小さなシギです。

今年生まれたみたいに小さいので「当年」からきたトウネンが15cmですからさらに小さい訳です。


(左後はイカルチドリ)


(左側はイカルチドリ)

上の写真のようにイカルチドリ(21cm)と比べてもどれだけ小さいか判るでしょう。

トウネンとの識別方法は、トウネンの足が黒いのに対して、

オジロトウネンは、下の写真のように黄色っぽく見える事です。

また、冬羽がトウネンに比べて、背中の色が一様に灰色に見える事もポイントでしょう。

江井ケ島での記録は、

2011年4月13日:西島新池

2010年12月11日:大池

2009年1月12日:大池

2007年12月09日:大池

です。

江井ケ島での確認時期


1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る