ナンバンギセル

ハマウツボ科ナンバンキセル属(被子植物双子葉合弁花類)

Aeginetia indica var.gracilis

花期:8〜9月

分布:日本全土

花の色:赤紫

ナンバンギセルは漢字で書くと「南蛮煙管」。

南蛮渡来の煙管、ということだそうです。

花がやや下向きに咲いている姿から古名は「オモイグサ」。

ギンリョウソウと同じように葉が退化してしまって葉緑素を持たないために

ススキ、サトウキビ、チガヤ、ショウガなどに寄生します。

江井ヶ島では毎年、9月頃に金ケ崎公園でススキの根本に咲いています。


ナンバンギセルの蕾


トップページへ戻る