ナガサキアゲハ

アゲハチョウ科

Papilio memnon LINNAEUS

開長55mm-82mm

ナガサキアゲハは、黒いアゲハチョウです。

ただ、黒いアゲハチョウには、ナガサキアゲハの他に、

・オナガアゲハ

モンキアゲハ

クロアゲハ

・カラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ

・ジャコウアゲハ

など、たくさんいます。

その、黒いアゲハチョウの仲間の中でナガサキアゲハの特徴は、

尾状突起(びじょうとっき)がないことです。

最初、このアゲハチョウを見た時は羽が傷ついて、

尾状突起が取れてしまったと思ったものでした。

江井ケ島では、金ケ崎公園で5月から9月に確認されています。

日本では、本州以南に分布しています。

この辺で見られるナガサキアゲハは、ほぼ真っ黒ですが、♀は

南に行くほど白い部分が大きいそうです。

また、台湾のナガサキアゲハには、なんと尾状突起があるそうです。


「江井ケ島の昆虫」へ戻る

トップページへ戻る