クロツラヘラサギ

コウノトリ目トキ科

Black-faced Spoonbill

Platalea minor

77cm

−迷鳥−

【絶滅危惧IB類(EN)】

クロツラヘラサギは名前のとおり、「黒い面(つら)のヘラサギ」です。

上の写真で言うと、左側がクロツラヘラサギ、右側がヘラサギです。

目の下の露出部がヘラサギよりも広く、ここで識別します。

江井ヶ島では、皿池(江井ヶ島)に出ています。

どうも通過個体が途中で立ち寄るようです。


(2013/04/09 皿池(江井ヶ島)


(2013/04/14 皿池(江井ヶ島)

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        

世界的に個体数の少ない希少種で、日本では、九州地方によく現れます。

兵庫県では

明石市大久保町江井ヶ島:2009年11月13日:1羽

加古郡播磨町北池:2009年11月8日:3羽

加古川市加古古川河口:2008年4月19日:1羽

などの報告が、日本野鳥の会ひょうごで記録されています。


(2010/12/23 野々池(土山)


(2009/11/29 大池(播磨町)


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る