コサメビタキ

スズメ目ヒタキ科

Asian Brown Flycacatcher

Muscicapa dauurica

13cm


(2008/10/04 金ケ崎公園)

コサメビタキは、サメビタキ(14cm)やエゾビタキ(15cm)に比べて

小さいことと、胸から脇にかけて縦斑がほとんど目立たず白いのが特徴です。

過去に江井ケ島で観察できた所は下記のとおりです。


(おそらく日本で唯一、蓮の葉に乗るコサメビタキの写真)

大池(北) 2001/09/26

金ケ崎公園 2001/10/20

金ケ崎公園 2002/09/17

金ケ崎公園 2007/09/29

金ケ崎公園 2008/10/04

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        

明石以外では、渡りの季節に六甲山地や市街地の公園などで見られます。


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る