キクイタダキ

ウグイス科

Goldcrest

Regulus regulus

10cm

キクイタダキはスズメよりもずっと小さな小鳥で

日本では最も小さな鳥の種類です。

名前の由来は頭の上に菊の花のような黄色い模様が目立つから「菊戴」。

針葉樹の枝先をチョコチョコ渡りながら蜘蛛や昆虫などを採餌しています。

江井ケ島では、冬鳥として金ケ崎公園の樹木で希に見られます。

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る