VOL.9

笠形山(播磨富士)

笠形山(かさがたやま)は、姫路の北部市川町にあり、

別名「播磨富士」とも呼ばれている、標高939mの山です。

播但連絡道路の市川南ICで降り、標識に沿って走ると登山用の駐車場に出ます。

ここで車を駐めて登山開始。

笠形神社の大鳥居横で道が閉鎖されていますが、これは鹿、猪除けなので扉は手で開きます。

しかし、開けたら必ず閉めましょう。

扉を越えた所にトイレがありますので、道中(往復約4時間)不安な人はここで用を足しておきます。

ここからの道は、笠形寺、笠形神社への参道風で9月ならホトトギスの花盛り。

緩やかなのはこの辺だけですので、ここらで花を楽しんでおきましょう。

笠形神社で小休止。姫路城の中心柱に使われた切り株があります。

そして、いよいよ登頂です。

ここからは、急な坂道が続きます。

ここを頑張って登ると急に視野が開けた場所に出て「山頂か」と思いきや、まだまだ。

「笠の丸」を過ぎるとアップダウンが続き、最後の登り坂に出ます。

ここを登り切ると、頂上に到着です。

百名山完登まで、あと

「江井ケ島の百名山」へ戻る

トップページへ戻る