カラスアゲハ

アゲハチョウ科

Papilio bianor dehaanii

開長80mm-110mm

カラスアゲハは、黒いアゲハチョウです。

ただ、黒いアゲハチョウには、カラスアゲハの他に、

・オナガアゲハ

モンキアゲハ

クロアゲハ

カラスアゲハ

・ミヤマカラスアゲハ

・ジャコウアゲハ

など、たくさんいます。

その、黒いアゲハチョウの仲間の中でカラスアゲハの特徴は、

前翅の裏側の白い帯が上にいくにしたがって逆三角形に広がっていることです。

これに対してミヤマカラスアゲハは、ほぼ同じ太さです。

また、カラスアゲハは後翅の裏面に白い帯はありませんが、

ミヤマカラスアゲハには白い帯があります。

金ケ崎公園のような平地では主にカラスアゲハが

多く見られます。

江井ケ島では、金ケ崎公園で5月頃から確認できます。

春型と夏型があって5月頃見られるのは春型、8月頃見られるのは夏型です。

日全土に分布しています。


「江井ケ島の昆虫」へ戻る

トップページへ戻る