カイツブリ

カイツブリ科

Little Grebe

Podiceps ruficollis

26cm

カイツブリはカモに比べると、ずっと小さな水鳥です。

日本で見られるカイツブリの仲間の中で一番小さいのがカイツブリです。

   名前 体長 江井ケ島では
カイツブリ 26cm    ○
ハジロカイツブリ 31cm    ●
ミミカイツブリ 33cm    ×
アカエリカイツブリ 47cm    ×
カンムリカイツブリ 56cm    ◎

江井ケ島ではカイツブリは普通に見られる水鳥です。

冬だけでなく夏の間も日本で過ごし繁殖します。

そのため、水鳥では珍しく、営巣、抱卵、子育てを観察できます。


(2010/08/21)幼鳥


(2001/08/09)与えている餌はスジエビ

夏羽と冬羽は、下の写真のように違います。


(夏羽)


(冬羽)

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る