カンムリカイツブリ

カイツブリ科

Great Crested Grebe

Podiceps cristaus

56.5cm

カンムリカイツブリは、カイツブリの仲間でももっとも大型の種類です。

カイツブリは26cm、それに対してカンムリカイツブリはかなり大きくて56.5cmもあります。

シルエットも、カモの雛のようなカイツブリに対して、カンムリカイツブリはの様に首が長いのでまず間違うことはありません。

カイツブリは夏も居ますから夏羽を見ることはできますが、

カンムリカイツブリは冬にやってきますのでほとんど冬羽しか見ることができないのが残念です。

上の写真は、珍しい夏羽の姿です。

江井ケ島ではカイツブリは普通に見られるのですが、

同じ仲間のカンムリカイツブリの方はなかなか見られません。

特に、夏羽は珍しいのですが、2000/05/05に谷池で見られました。

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        

日本で見られるカイツブリの仲間は、下記のとおり5種類です。

カイツブリ 26cm
ハジロカイツブリ 31cm
ミミカイツブリ 33cm
アカエリカイツブリ 47cm
カンムリカイツブリ 56.5cm


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る