ホトケノザ

シソ科オドリコソウ属(被子植物双子葉合弁花類)

Lamium amplexicaule

花期:3〜6月

分布:本州〜沖縄

花の色:赤紫

ホトノケザが咲き出すと、春はもうそこまで来ています。

「ホトケノザ」という名前は、葉が茎を中心に丸く囲み、ちょうど仏様の座の様に見えるところから来ているんだろうと勝手に思っています。

早春から咲き出すので、春の七草のホトケノザは、この花だと思ってる人が多いようですが、実はコオニタビラコを指しているのだそうです。


2011/11/09 右端はホトケノザの白花品


トップページへ戻る