ホシミスジ

タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科

Neptis pryeri

開長50〜60mm

ミスジチョウの仲間は、名前のように羽に白い「3本の線(三筋)」が有るのが特徴です。

この辺ではコミスジ、ミスジチョウ、ホシミスジの3種類があるのですが、見分け方は、

この3筋のうちの最初の1筋目が、

「−−−−−☆」ならコミスジ

「−−−−−」ならミスジチョウ

「−−−−☆☆☆☆」ならホシミスジ(だからホシミスジという)です。

と、言っても判らないですよね。(^^;

この近縁三種(コミスジ、ホシミスジ、ミスジチョウ)成虫の区別点については輝(かがやき)さんの

大阪市とその周辺の蝶

に詳しい写真がありますので、そちらをご覧下さい。

羽を何回か羽ばたいた後、グライダーのように滑空する独特の飛び方を繰り返します。

江井ケ島では、5月〜9月まで金ケ崎公園で確認できます。

日本では初夏から秋まで本州〜九州で見られますが、北海道にはいないそうです。


「江井ケ島の昆虫」へ戻る

トップページへ戻る