ヒヨドリ

ヒヨドリ科

Bulbul

Hypsipetes amaurotis

27.5cm

ヒヨドリは、ムクドリくらいの大きさの鳥です。

しかし、ムクドリに比べて尾が長いので見た感じはスマートに見えます。

特徴は、全体に灰褐色で地味な配色です。

しかし鳴き声が「ピーヨ!ピーヨ!」と甲高い大きな声で鳴くので声を聞くとすぐに分かります。

江井ケ島では、金ケ崎自然公園や江井島中学の校庭など樹の多いところで1年中見ることができます。

また、冬の間は住宅地の庭や児童公園などにもやってきてもっとも普通に観察できる野鳥です。

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        

兵庫県下では六甲山や書写山、青山自然観察の森などの山林で確認されています。


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る