ヒドリガモ

ガンカモ科

Wigeon

Anas penelope

48.5cm

ヒドリガモのオスの顔は赤褐色で額から頭頂にかけてはクリーム色を帯びた白色です。

体は灰色、胸は薄茶色です。

「ピューイ」と独特の鳴き声をしていますので声だけでもわかります


(♀左奥、♂右手前)

メスは全体に茶褐色で特に特徴はありません。

識別ポイントは、このオスの額の模様と「ピウー」という独特の鳴き声です。

アメリカヒドリも額に同様の模様がありますが、もっと真っ白で、顔に緑色を帯びているので

明らかに違います。それにめったに飛来しないので多数で群れることはまずありません。

江井ケ島でも、毎年秋から春にかけて普通にため池で見られます。

毎年、春に江井ヶ島で最後まで残っているのはヒドリガモです。

また、毎年金ケ崎公園で、5月や6月まで見られるのは「渡らないマガモ」が

いるので、帰りそびれるようです。

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る