ハクセキレイ

セキレイ科

White Wagtail

Motacilla alba

21cm

日本で普通に見られるセキレイの仲間は、セグロセキレイとハクセキレイ、そしてキセキレイです。

見分け方は、名前のとおり、

セグロセキレイが、背中が黒く、

ハクセキレイが、セグロセキレイよりもやや白く灰色、

キセキレイが、体の側面が黄色いのです。

しかし、♂の成鳥夏羽は、上の写真のようにセグロセキレイみたいに

背中が黒くとても紛らわしので、こう覚えましょう。

白い顔に黒い眉毛がハクセキレイ。

黒い顔に白い眉毛がセグロセキレイ。

ハクセキレイは、江井ケ島ではセグロセキレイの次によく見られるセキレイの仲間です。

もともと冬鳥なので夏場は、北海道に行かないと見られなかったのですが、最近は繁殖地がどんどん南下し

江井ヶ島でも、夏に普通に確認できます。

また、幼鳥も確認済みですので、江井ヶ島で繁殖しているのも間違いありません。


(幼鳥)

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る