ハジロカイツブリ

カイツブリ科

Black-necked Grebe

Podiceps nigricollis

33cm


2013年11月5日/大池

ハジロカイツブリはカイツブリよりもふた周りぐらい大きいのでカイツブリとは間違うことはないと思います。

また、目の虹彩も赤い点も違います。(カイツブリは白い。)

夏羽は特徴的ですぐに同定ができますが、江井ヶ島で確認できるのは冬羽の個体がほとんどで

ミミカイツブリの冬羽と間違う可能性があります。


2001年11月13日/新池(西島)

よく見ると、嘴が少し上に反っていて先まで黒です。(ミミカイツブリは反っておらず先が白い。)

また、目の後ろのモミアゲみたいな黒い模様が、目の高さより下にはみ出しています。(ミミカイツブリはシャープな直線。)

一般的に、ハジロカイツブリは海上の方がよく見られるのですが、

江井ヶ島では冬鳥として希に、ため池に飛来します。


1999年12月07日/皿池(江井ヶ島)


1999年12月07日/皿池(江井ヶ島)

カイツブリは留鳥で1年中見られるのに対してハジロカイツブリは兵庫県では冬鳥で

江井ヶ島では過去に次の5回見られています。

1999年12月07日/皿池:北(江井ヶ島)

2001年11月13日/新池(西島)

2005年01月12日/谷池

2010年11月21日/谷池

2013年11月5日/大池

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る