ゴイサギ

サギ科

Nycticorax nycticorax

Black-crowned Night Heron

57.5cm

ゴイサギは、写真のように一見ペンギンのような姿をしていますが、

足が黄色で目が赤く、後頭部に2枚の白い飾羽が出ているのが特徴です。

夜行性の鳥で、夕方に「出勤」、そして朝方に「帰宅」のため飛んでいる姿をよく見ます。

日本で繁殖するので、雛や幼鳥も見ることが出来ます。


(幼鳥)

幼鳥は、親鳥と違って体に小さな斑点があり「ホシゴイ」と呼ばれています。

江井ケ島では、そんなに珍しいサギではないのですが、コサギアオサギに比べると、やや見かけにくいです。

赤根側の河口や西島の大池(明姫幹線の北側の方)や上池で見かけることがあります。

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る