クリアナアキゾウムシ

甲虫目ゾウムシ科

Dyscerus exsculptus

14mm

クリアナアキゾウムシは大型のゾウムシの仲間です。

かつて、フライアナアキゾウムシと呼ばれて

別種のリンゴアナアキゾウムシと混同されていました。

小楯板の形と触覚先端部を拡大して見ると両者を区別できます。

特徴は、吻にある3つの縦隆線と眼と眼の間にある小さな凹部です。

なお、このページの写真は金ケ崎公園で2002/05/04に撮影したものです。

(金ケ崎公園:2002/05/04)

成虫は、樹皮に吻で穴をあけ産卵し、幼虫は樹木の木質部で過ごします。

江井ケ島では、金ケ崎公園の樹木などで見られます。

日本全土に分布しています。


「江井ケ島の昆虫」へ戻る

トップページへ戻る