アカアシシギ

チドリ目シギ科

Common Redshank

Tringa totanus

27.5cm

アカアシシギは、名前のとおり足の赤いシギです。

旅鳥として主に春と秋に見られます。

ツルシギの冬羽に似ていて間違いやすいので要注意です。

ツルシギの夏羽は真っ黒で、まず間違えることはありませんが

冬羽は、そっくりです。見分け方は、シルエットがアカアシシギはずんぐりむっくりしているのに対して

ツルシギは足が長くてスマートに見えること。そして、アカアシシギの嘴は

下だけが赤いのに対してツルシギの方は上下とも赤いことです。

江井ケ島には、2001/03/24に長谷池へ一度だけ飛来しています。

江井ケ島での確認時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
姿の確認                        
幼鳥の確認                        
営巣の確認                        
交尾の確認                        

稲美町や神戸市西区のため池で春と秋に希に見られます。


「江井ケ島の野鳥」へ戻る

トップページへ戻る